serrata20170318

posted in: text | 0
8日目 「集団にとって作品とは何か」に参加し、メモをしたものをまとめたノートです。
https://www.kishiidaisuke.com/serrata2017
https://www.facebook.com/events/1889446057952803/

◇個人とは
個人の反対は、肉体の塊

◇芸術作品として設立すること
芸術作品として設立し、自らを組織する…作品化するということは、政党と変わりがない
人を陶酔させるのだから、政党

◇現代思想がテーマにしているもの
[ナチズムへの反抗]という哲学的な問題がある
現代思想はナチスについて考えていた。フランス人が考えていた。
ファシズムにならないためにどうするかということ。

ベトナムのコーヒーめちゃうまい。
未来派のセラータ

◇作品になるが、ファシズムになってしまう可能性もはらむもの
作品としての共同体
生産する共同体

◇無為な共同体について
バタイユ inoperative
無為な共同体
コミュニティは有用じゃない、ファシズムにならないためには有用であってはならない
国が有用だとまずい(国が作品化することに抵抗する…レジスタンス)
同一化しやすいので、権威に気付けない恐れがある
いつの間にか、無為な人々はテクネー(技術ないしはアート)に回収されていく
国が作品になってしまうと何がまずいのか。そもそも、「人間」を規定することそのものが
ファンタジーであり、作られたものなのだけど、人権を規定すると、そのルールから
あぶれたものは「人間」ではないとされ、「人権」もはく奪されるから。

◇「人間」というフィクション
理解を促進するために岸井さんが「人間」「人権」をフィクションだと仮定した。
「人間」を規定するときに、「こういう人が人間」としてしまうと、
あぶれた人は「人間」ではないので、人権がなくなる。
「人間」も「人権」も、コミュニティが規定してしまうことの恐ろしさは、
移民を排除してしまうところにある
内在主義- ナンシー 「これが同一民族ですよ」と考えると、他の人は拷問をしてもいいことになる
他者と超越- レヴィナス
「人間」を問うことは、内在主義について問い始めることである

―一幕終了―

◇戯曲の再演について
俳優がぐちゃぐちゃにするのが戯曲
良い戯曲は人がぐちゃぐちゃにしたくなるようなもの
作品はゲシュテル、共同体は上演中

◆気になって質問できなかったこと
ワークには縁取りがあるby 柿並良佑さん

◇コミュニティの問題
「あの頃はよかった」とか言う。ノスタルジー
悟性を持たないといけない
共感という不気味な名誉

◇フォルムと鳥居
鳥居マークは立ち小便を禁止する
フォルムが出現するということは、人為的なものである

◇作品とは
作品とは見いだされたものから取りこぼされたもの

◇狂人としての芸術家
フーコー
狂人は作品を成しえない
本当の狂人には作品を作れない
狂気は沈黙の中に息づく

◇盗人としてのジュネ
屹立するものに対する落下するもの

◇「レジスタンス」し続けることのつらさ
無為な人々、愚かな人々が集団にいることによって、
ファシズムにならないのだが、集団の作品化に
常に抵抗することは、人間の精神を摩耗する。
よって、無為な人々は無為ではなくなり、
ワークを始めてしまう。だらだらした半年のあと、バイトをしてしまう。
主体をワークに返してしまう。

◇孤独と超越
孤独になると、他者と対話しないかわりに内なる声と会話し始める。この声を超越した声=神の声と規定してしまうと、シャーマンになってしまう。作品はシャーマンでは作られない。
ファシズムにならず、かつ、シャーマンにもならない中間にいないといけない。
キリスト教の中にはシャーマン的なものはない
かつて、キリスト教で、「理性は神に与えられたものであり、有用に使えばいける!」と思われていたが、結局今はその前提が崩れてしまっている

◇オートポイエーシス
オートポイエーシスは、移民・外部を生み出している

◇内在主義の成れの果て
内在主義の最後は集団の自殺
自己はどんどん他者になっている
我々は外にしかない(粘膜はあちこちにあり、外部と接している)

◇他者創発
他者創発はあたりまえ、ナンシーならそういうだろう。

◇ウーブル
ウーブルはwork。営みであり、作品。

◇コープス
他者に対して腰がひける状態。気味が悪い。腰がひけるということは空間が生まれる。
ルトレ…引き出す、身を引く

◇美術教育としての集団
人間っていうのはフィクションなのに、集団の中でアーティストが教育されるということ自体
フィクション。

◇自転車操業
提示された理論を覆していく自転車操業を繰り返しても仕方ない。

◇作品を作品だと気づいていないほうがよい(仮定)
クラスタ的に集まってきた人々が無為にぶつぶつとつぶやいているものが作品ではないだろうか。

◇大地
足元にあるものは、実在しているので、確からしく感じるが、
大地はよそから忍び込んで生きているのだ。大地というとポエティックに聞こえるけど。

◇壊すことができるものだけが作品である(仮定)
共同体は内破するもの。しかし、常に抵抗するのは疲れてしまう。
無為なものたちが内破するものを作品と規定する。
→いや、それではナチスこそが無為なものたちが破壊しているので、ファシズムを肯定してしまう

komekami

posted in: text | 0

サードアイが現れるといわれる眉間を、前髪で隠すか、隠さないかという問題。

私は表現をするときに、こめかみを開けておいたほうがいいのだけど、

こめかみを隠したい時もある。

今日は、髪を切らずに、前髪部分をくるくるっと丸めて、ピンで留めて

前髪を作りました。

こめかみを隠してポニーテールにすると、バランスが取れる。

design

posted in: text | 0

Chim↑pom 個展を見に行って、

 

あっちにいっちゃいけないってのは教えてない。一緒だねって伝えたい。

 

「みんなもう少しいろんなことがわかってもいいのに」つてのが、胸に響いた

 

 

以下はどうでもいい話

 

イケてるやつにとって、デザインっていうのはすでに持っていて、当たり前に持っているものなんだと思った。

slow

posted in: text | 0

先日、すみだのfloatにて、タクティカルアーバニズムにかんする話をきいたのだけど、また、今日もmiri‐meter のかたのトークをたまたま聴いて、これはミニマリストのかたがたが、共感を感じる話じゃないかなと思った。

 

昨日、けやき坂の宮島さんの点灯式にいったときに、たまたま、シンパシーとえんぱしーについてを話した。

 

マルフォームド オブジェクトを見たときもそうだけど、じっくり、退屈に、けど味わってみることの楽しみを喜んでいる。

 

ミリメーターのかたが、鑑賞者というものが、誰なのか、ひろがってきている、みたいな話が、とても大切だと感じた。

入り込んだ、いんたびゅいーのほうが、鑑賞者かもしれない。作品の中にいる人が、鑑賞者かもしれない。

charanporan

posted in: text | 0

朝、「掃除をしてから朝を始めます」とつぶやくと、とても褒められるけど、

「今日はちゃらんぽらんな感じでいきます」とつぶやくとスルーされるのが、「ライフスタイル」を守る人たち。

私はちゃらんぽらんな日も欲しい。

ベルフラワーを買ったのだけど、可愛い。

death line

posted in: text | 0

追記

2017.3.8

このツイートで3月7日に書いた文章についてが

誤解の原因になるとのことでしたので、「誤解が解ける範囲内であれば、誤解されてもいいとは思わない」という信条のもとに、リライトしました。tweetを辿ることをお勧めします。
以下本文。

 

作家の役割と能について

ループ構造の展覧会。最初に展覧会会場図が配られる。

最初(一周目)は、「作家による解説を受けない」という構成である。

一周目ひとつめでは、小林Aのインスタレーションの狭さがちょうどよくて心地いい。スーツの男性は火葬場の人間かと思ったが、三周目(正しくは二周目。私が勝手に二周してしまったので、三週目になっているだけです)で作家から説明がある。

ふたつめの部屋がストローク重視の作品だとすると、ひとつめの部屋はイコン的ですね、という話を小林として、そうだね、という会話をした。

ふたつめの部屋は、三つの作家の作品が向かい合っている。

私は小林の作品を見て、「後ろ髪をひかれるような引力のある絵ですね」と言った。個展でも発表していた旧作で、当時は事故に関することを言及していなかったが、私から見ると事故の作品にしか見えなかった。そして、弓指はこの絵を「隠しているような絵」で、気になり、背景を聞いたという。

 

この展覧会では、三者が役割を与えられていることが
解説によって強調される。そうやって見ると、私にはこの会場の主人公は
三者ではなく、あいだにたたずむ「満たされない魂」であるように見える。

能は、満たされない魂が主軸であり主役として据えられている。
そして、満たされない魂は、社会的なものを描くときに有効である。

しかし、そのように見てしまうと、今度は絵がかき割りに見えてしまう。

なので、鑑賞者は都度、意識をスイッチさせながら作品を見ることになる。

 

展覧会史を念頭に置いて見る

では、そのようにスイッチさせながら見ることが当然という風になったのはいつからか。

例えば、作家がDMなどを外注するとき、そこに作家の意思はないのかというと、確実に意思があるだろう。絵を描いている作家であっても、空間を意識して作品を作成するようであるべきだというのは、もちろん現在生きる作家にとっては自明であるが、展覧会そのものを構成することにまで意識がいったのは、本当に歴史的に新しいことなのだ。現代は、どこまでも意識が拡張されてしまう。そのことを利用するもよし、雑然とした部分は切り捨てるもよし、「当然隅々にまで作家が意識を向ける展覧会」が当然だと思い込んでいると、その可能性に気付けなくなってしまう。

 

 

閑話休題。リアリティについて。

いうまでもないことだけど、リアリティが大事。

だけど、そのリアリティがたまたま事故であるだけだったと見える。

それくらい、3人ともの表現スタイルに変化はないように見える。

 

事故があったから事故について向き合えるのではない。

彼らには彼らのスタイルとしての美術があり、その美術にリアリティがあったから、事故を描くことによって物語が紡げるのだ。

 

会場構成と社会性について。

満たされない魂という主役が、この会場を浮遊しているように見ると、その主役は当然社会がつくっているものなので、シビアに社会について問う展覧会だといえるのである。

 

 

筆致について。

ちょっとひいてみるには、筆致から語るのがいいと思う。弓指は、事故があろうがなかろうが、

この画風だったんだろうと思う。輪郭をペンで描くような、色にちょっとがさつさを感じさせるようなスタイル。不透明着色なので、層が重ねられた絵には見えない。かならず輪郭がある。立体感はない。こんなに描いているのにずっと下手なまま自分の持ち味に変えてしまっている感じは、少年ジャンプでは切られてしまうが、少年チャンピオンで輝きを発揮するタイプの漫画家のような感じだ。

そして、漫画のような時間性が入っている。

ALIKAの詩について

で、ALIKAは絶対に詩がいい。

そして、本というスタイルで閉じたい気持ちもわかる。
その繊細さも魅力ではある。

でも、鑑賞者は、開かれたスタイルで展示してあっても、この会場構成であれば、真摯に見てくれるし、見られるべき魅力をもった詩だと思った。

きちんと額装してみたり、壁にどーんと絵の具でかいたりしたほうがよかったんじゃないか。朗読するとか。

 

解説について

解説を暴力だととらえるか、パッケージングされたひとつのパフォーマンスだととらえるかで、また見方が変わると思う。

 

以下は3月7日に書いたものです。

 

まつりのあとに 大塚 Derth Lineについて

2017.3.7

 

一周目ひとつめでは、小林Aのインスタレーションの狭さがちょうどよくて心地いい。

スーツの男性は火葬場の人間かと思ったが、三周目で作家から説明がある。

インスタレーションの方がイコン的。

ふたつめの部屋は、劇と見ると見やすい。

そもそも、全体の構成が劇…というか、能に見える。

能は、満たされない魂が主軸であり主役として据えられているし、

役割が与えられているから、私には能に見えた。

そして、満たされない魂というのは、世界中どこにでもあって、

たいして珍しいものでもない。

だから、社会的なものを描くときに非常に有効だと思う。

だから、それぞれの作品を見立てとして見ることができてしまったので、

能としてはいいが、しかし、最近私が気づいたこととして、

そのように作品を見てしまうと(劇を見るように見てしまうと)美術としての

作品は死ぬということだ。それは、ただ、見る側がどのようなものとしてみるかで

価値が全く変わってしまうので、二つ目の部屋は能として見ると美術として失敗であり、

しかし、会場構成全体を美術であり作品だと見たとき、母の詩やシニガイの詩に

キャプション(というか、会場構成図の中のキャプションね)がないことに、強い違和感を覚えるのである。

 

いうまでもないことだけど、リアリティが大事。

だけど、そのリアリティがたまたま事故であるだけだったと見える。

それくらい、3人ともの表現スタイルに変化はないように見える。

弓指さんも、おそらく昔から「しつこい」と言われることにショックを受けつつも、

しつこいスタイルを貫きたい、矛盾した絵を描く力の持ち主だったのだろう。

 

会場構成と作品ひとつひとつをつなぐものは、もちろん Lineであり、

終わることのないループであるが、これを劇だととらえるか、物語性を含んだ美術と見るかで

だいぶ見方が違う。私は劇といってしまうと、二つ目の部屋のひとつひとつの絵は舞台装置にしか

すぎなくなってしまうので否定的。

しかし、解説をパフォーマンスだと記載することもなく、詩をインスタレーションとして

記載することもないと、美術として見ることをそもそも否定してしまうことになる。

そして、最後のほうの投げ銭がチケットであったら、絶対にこれは劇場として機能する。

 

そして、満たされない魂という主役が、やはりこの会場を浮遊しているように見ると、

満たされない魂というのは当然社会がつくっているものなので、

社会について問う展覧会だといえるのである。

 

しかし、弓指が、「作品と人間性は絶対に離せない」というので(私も同意だが)、

鑑賞者としてもしっかりと話を聞こうという態度になるのだけど、

論理的なのは小林Aのみで、ほかの二人の人間性は矛盾を抱えている人間としての光であるので、

相当混乱する。

ちょっとひいてみるには、筆致から語るのがいいと思う。弓指は、事故があろうがなかろうが、

この画風だったんだろうと思う。輪郭をペンで描くような、色にちょっとがさつさを感じさせるような

スタイル。不透明着色なので、層が重ねられた絵には見えなくて、やはり舞台の書き割りにも

見えてくる。かならず輪郭がある。立体感はない。こんなに描いているのにずっと下手なまま自分の持ち味に変えてしまっている感じは、少年ジャンプでは切られてしまうが、少年チャンピオンで輝きを発揮するタイプの漫画家のような感じだ。

そして、漫画のような時間性が入っている。

個人的には大きさにこだわらず、漫画で物量が見たい気もする。(俺にアドバイスするな!とも言っていたが…)

で、ALIKAは絶対に詩がいいので、

きちんと額装してみたり、壁にどーんと絵の具でかいたりしたほうがよかったんじゃないか。

朗読するとか。そうじゃないと、作品として認識できない。

 

ラスト、和田さんは感動だとして、私の徳が足らなくて、梅ラボさんの絵がみえなかったんだが…・

そして、小林たちはコラージュを暴力性といっていたが、私にとっては、

劇によって構築される世界という見方を奨めすぎると作品の表れそのものが死んでしまうし、

鑑賞者はわりと想像力をもっているので、解説をパフォーマンスだとパッケージングしてしまったほうが、

美術として見るときによかったんじゃないかな…とおもった。

art for stage

posted in: text | 0

「劇」も「美術」も、と、いうところにいます。

2011年頃は劇と美術の境界をゆらめかせて、そのあいだに立つことにしていましたが、

劇の「言葉で世界が構築されていく」という感動を、美術は受け入れられない。(駄洒落ですか?ってなっちゃう)

美術の「現われ」を、劇は壊しやすい。(認識できない)

だから、両方の境界を見せることは最近はやめて、

「劇も美術もやっている人」ということを、意識していきたいと思います。(今のところは「劇の為の美術」かな。)

 

あと、アウトサイダーアートと認識されることもすごく多いんだけど、

それでもアウトサイダーではない、ということを言っていきます。

 

「異質にぶつかった。洗脳されるかと思った。見慣れた街並みが歪む。人々が、さりげなく、引いている。時空が歪む。後ろ向きに、オンナは歩いている。500m追跡すると、どうやら、一定の数の人間が、連れ立って歩いている。鈴がしずかに鳴っている。雑居ビルに、引き摺り込まれると、逆再生の【れい】が再生。」

ツアー途中で参加されたT・Sさんの感想より

horse

posted in: text | 0

鈴は東京農大のニ年生で、馬の直腸検査をしていた。
蛙の解体にもびくともしない子供だったが、ふと、ご当地キャラクターのぐんまちゃんのクッキーを見て「こわい」と思ってしまい、以降拒食気味の日が続いたことがあった。一週間後にはけろりとしていたが、生物の授業を愛する一方で、動物を食べることへの小さな嫌悪感がぬぐえなかった。結局農大に入って胎盤研究のゼミに入るために課外活動をしているわけだが、最近はまた拒食気味になってきていた。

鈴は馬の直腸をぐにぐにと揉みながら、ふと、馬に私がコントロールされてるみたいだな、と思った。ふふふ、と笑うと、馬が、「そう」というのが、聞こえてしまった。驚いて危うく手を引っ込めそうになったが、急に引き抜いては後ろ足に蹴られる。直腸を通じて、馬が語りかけてきているようだった。「動くとぶつわよ」馬は鈴に言った。むしろぶたれたいような気持ちだった。

続く。

Kudanshita

posted in: text | 0

13:00からパフォーマンス!

大寒波と言われていたのに日が出ているとあたたかくてさすが晴れ女。

九段下周辺の田安門から後ろ歩きで千鳥ケ淵を通って新宿。

入水した遊女が居たであろう場所を歩いてきました。

 

新宿通りをまっすぐ行って、新宿御苑のちかくで曲がって靖国通りへ。成覚寺を経て歌舞伎町から弁天へ。

 

街という存在は常にアドリブなので、こちらもダンスはアドリブで返したり。大変でしたが、カメラマンのトモトシさんとクルーのおがやさんのおかげで助かりました。

梅田さんにテキストメッセージで「今日は満月がきれいです」と言われて、疲労とか多方面への感謝とかで泣いた。

 

human

posted in: text | 0

糖分の排除やコミュニケーションの遮断、ほかにもいろんな方法で、
人間であるということが見えてくる。

terrible

posted in: text | 0

2017年のステイトメントを更新したのでどうぞ。

http://kintominami.com/statement/

ステイトメントというのは芸術家の宣言。

2017の金藤みなみの宣言は「酷い愛」。去年は自分自身の仕事を包括しようとしていたが、

1年の仕事の動きをカウンセリングで確かめていきながら、この言葉になった。

裏返して書けば、生活の中にはひどい愛はすべてなくしていくことが大切だと思っている。
そのうえで、芸術というのは、「酷い愛」なんですということを検証して実験していきたい。

lovely

posted in: text | 0

友達がたまたま学校に入学する前の長期休み中で余裕を持って楽しく案内してもらえたんだけど、その様な自然な幸運も、コチラが気づかないくらいに気を使ってくれているプロな優しさが根底にあるんだろうな。こういう相手に自然に感じさせる気の使い方がしたい。

韓国に住んでる友達に可愛いね、肌が綺麗だね、と言うと、そんなことないよとは言わずにありがとう~って言いながら照れてるの可愛すぎる。

mmca

posted in: text | 0

ソウルで最初にキョンボックンに言って、サムゲタンを食べた。多分一番この食事がリッチ。絵を描いたりしてた。

キムスージャについてだけど、自分の先行事例として見たいという感じで見ていて、そういう感じで見た今回。

素朴だな、というのが感想。イブルのほうが参考になるけど、イブルも有名になると複雑になっていく。

 

キムスージャから自分に落とし込みたいエッセンスとしては、やはりマイペースであること。複雑になったり、正直に言うと芸術からかけ離れすぎていることを見せるヨガを取り込んでいくような作品は退屈。けど、それでもマイペースさは勇気が貰える。

 

今回はたくさんバスに乗った。

Aaカフェでチーズケーキを食べて、6時半にミノと待ち合わせ。ホンデで会った。懐かしい。ビザカードから両替が出来なくて焦る。

お好み焼き屋は満員で、ちょっと鳥をつまめるバーに入る。コンクリのさっぱりしたシンチョン方面の店。日本に去年も来ていて、お好み焼きとかすきで、日本のともだちとおこのみやき食べよう~(店の名前は たまご)と思っていたミノ可愛い。ホンデは2年で卒業なんですね。そのあと、松本さん(芸術校の、先輩ではじめて会ったけど、気さくでいいお兄さんでした)が来てくれて、良いギャラリーの話やお互いの仕事のウェブサイトを見るというのがめちゃ楽しかった。

 

「美しいものの中に暴力的なものが隠れているみなみの作品がいいと思う」というミノに、素朴にありがたい言葉だなと思った。

Trip to the Seoul

posted in: text | 0

Thx Mino n Subin.we have good trip.

東大門market, i got strings n mango nit.Very good Fabric r there.

Kimsooja keeps my pace.I really embarrassed by that.

When we went to buy Kin, we found that music store.LP.

Cheese is good musicians.

toyama

posted in: text | 0

富山がとっても近くなった。

西田さんが富山で育ったことと、

いいなと思ったアーティストがけっこう富山にいる事が重なって、富山という場所への愛着も広がっている。

片道どんなに早くても4時間はかかる場所で、

気軽に行ける場所ではないけれど。

hair

posted in: text | 0

右のこめかみのあたりから髪の毛をすくって、AVRILの毛糸や糸をくるくる絡めるのが楽しい。

january

posted in: text | 0

一月のスピード。

早すぎる。手元に成果物が残っているので、なんとか1月前半というのはたしかにそこにあったのだということはわかる。

こんなにもはやく過ぎ去っていく一月の中で、昨日友人とサムギョプサル食べに行く時間を滑り込ませられて幸せ。

3048-2

posted in: text | 0

昨日は朝に小説がほぼ書き終わって、チェックをお願いしたい友人たちや先生に配りました。予約をしてくださったかた、本当にありがとうございます。

なかなかないことだよね。ありがたいな。

gas

posted in: text | 0

ガス代払おうと思って外に出たんですけど、ガスの紙忘れてしまっちゃいました。

メチャ頭がたりないんですよね…。

そして、今日はブラジリアンワックスに行こうと思います。永久脱毛したいような、したくないような。

friend

posted in: text | 0

そもそも、人生で、ともだちがいないということは

そんなに可哀そうなことじゃありません。

人生の芯は、生活と仕事と向上心。

それを充実させるのが魂の使命。

それだけあれば、ともだちがいなくても、

恋愛がなくても、立派に素敵な魂です。

まずは生活。部屋を綺麗に、服を清潔に保ち、
飯を食う。

そして、仕事。

元気な時は仕事がいちばんに来るのもいい。

仕事に情熱をもち、小さくて些細な仕事も、

大切な仕事だと認識して、仕事をすること。

向上心は、私のしゅみなので、べつになくてもいいです。

その外側で、大切に輝いている魂を持つ人に、

適切な距離で、適切な敬意をもって、

たまたま好きなモノが同じだったり、

向かう方向が一緒だったら、ありがたい。

だいじなことは話し合えて、

いやなことはしっかり言えて、

しゃくし定規にルールを設けず

互いに自立し、

鍋を囲める人を大事にするのも

人生の一興です。

1 2 3 4 8