みなみと遊女の本当の浄土 メモ書き1

posted in: news, text | 0
ゲンロンカオス*ラウンジ新芸術校第二期生上級コース成果展出品
金藤みなみ新宿ツアー+小説予約通販ページ(小説のみの販売も同じ値段です)
2月24日(金)のイベントおよび2月25日・26日の五反田カオス*ラウンジアトリエでも販売します(現金のみ)。
「みなみと遊女の本当の浄土」
金藤みなみ
(作品の導入としてのメモ書き)
<1>使命
あまりにも多くの熱が失われてしまった。
目の前で情熱が失われていくにおいが街に立ち込める。これに苛つく。墓にも、碑にも、多大な情報が詰まっているのに、希少な話を残しておかないのはなぜだろう。そして、私が新宿を『知りたがる』のはなぜなんだろう。
わかるのは、一年前に引っ越してきた新宿は想像以上に薄ぺらく、非日常が引き延ばされたり折りたたまれたり、自在に取り扱われているということだ。そして、その折り目にはさまった寺の過去帳からは計り知れないような小さな<物語>が、今もなおとめどなく消えて言っていることだった。消えてほしくない。エゴのような、慈悲のような、どうしようもない気分が、使命が、少しずつみなみの胸を高まらせていた。
<2>金色
その朝、街は静かだった。
みなみは、11月にしては早すぎる雪をローファーでグッグッと踏みしめながら、ミスター・ドーナッツに出かけていた。
通称四季の道は新宿駅へのショート・カットには最適で、しかし野良猫やカラスがザワザワと騒ぐ鳴き声やボイラーと室外機がゴーっとまわる音などが立ち込めていて、裏路地らしい圧迫感に耳を塞ぎたくなるものだった。様々なシリカゲルを混ぜたようなにおいがするが、それでも海外の道に比べるとほとんど無臭だろう。時々英語とも中国語ともつかない呼び声が聞こえてくる。戦後はまだ電車が通っていたらしい。特に聞くつもりもない英語のリスニング・ゲームを起動してイヤホンを耳にあてると、そこには唯奈が待っていた。二人でミスター・ドーナツ靖国通り店の二階に移動した。「待ったかな」「本読んでたから大丈夫ですよ」唯奈は結婚祝いにと、スヌーピーのマグカップを持たせてくれた。
「じゃあまずイメージから」唯奈の企画した、《『あなたの描きたい一枚の絵画』を『和田唯奈の身体』が描く』》というプロジェクトに、みなみは参加していた。
おかわり自由のカフェ・ラッテを飲みながら、みなみは唯奈に「私が知りたがりすぎること」についてを話した。それは、『私が作りたいものを唯奈が描く』のに有効だと思った。実は、みなみも他者に話を聞いて、カウンセリング的に作品を作るプロジェクトはやったことがある。(と、いうか、継続中だ。)だから、自分がやっているのだから、唯奈がやろうとするプロジェクトに手を貸すのは当然の話だ。
昔、もうタイトルも思い出せない寓話で、ロザリーという名前の少女が開けてはいけない箱を持っていた。その箱を開けたロザリーは、友人も、夫も、家族もボロボロにして、何もかも失って雪の降る森の中に取り残されてしまった。きっと、今日みたいな、雪の降る日なんだろう。北風のごうごうという音は、たぶん新宿東口から歌舞伎町へと抜ける細道のビル風の音のような、恐怖を煽るものなのだろう。「見るなの寓話」という単語を思い出していた。「見るな」というと見たくなってしまう寓話についてだ。唯奈に後でラインで見るなの寓話についてのWikipediaを送ろうということをメモした。
時々、耐えられないほどの、開けてはいけないものを開けたい気持ちが胸の内からこぼれそうにあふれてくる。指の先が膨らんで、破けて、それでも他者のトラウマを根ほり葉ほり聞きたい気持ち。
トラウマの美しさに触れて、強くどこかに閉じ込めてしまいたい気持ちが強くなる。糸で縫い付けるように。羽を縫い込むように。
私の場合のプロジェクトの名前は、「Mask project」という。プロジェクトの過程では、他者に「自分の顔で気に入らないところ」を聞く。ひどい話だ。そして、好きな色や素材を聞いて、気に入らない部分を隠蔽するのだ。リアル・フォトショップだとも言える。
帰りに成覚寺に立ち寄ると、旭地蔵の足元から、奇妙な紐が伸びていた。超極太毛糸、オカダヤで売っている毛糸のドゥーのような紐を観察しようとちかづくと、魚の腐ったような、経血のようなにおいがみなみの鼻を刺した。一気に気分がわるくなったみなみは、反射的に手をパッと開いてパンパンと二回たたき、体中をはたくようにした。すると、寺の住職に声をかけられ、みなみは死ぬかと思って飛び上がった。寺の石川さんという住職 は祈るときは手をたたくのではなくて手を合わせるだけでいいという。胸をなでおろしたみなみは、しかし、肩のあたりに重さとにおいを感じた。下から立ち込めるわけではない、急に肩のあたりに移動したにおいと感触に、これはもう終わりだ、お祓いにいかねば、と思う。石川さんは、みなみにてづくりのクッキーをくれる。おやきみたいなもので、投げ込み寺とかいてある。もらうのは二回目だ。「あの、二回目で」というと、大丈夫という。少しだけ肩が軽くなり、しかし、見るなの寓話の物語のなかに入り込んだような、まさに今、私が求めていたストーリーが私に降ってきたのだという思いが、体の中を駆け巡る。
ふと旭地蔵をみると、安らかな顔である。そして、意を決して肩のあたりに聞いた。
「もしかして、いますか?」
あたたかな、猫のおなかのような熱が、肩のあたりをなでた。みなみのうなじのあたりに、サラサラとしたオーガンジーのような肌触りと、強烈な熱が入ってくる。目の前で火花が散ったかのような衝撃の後で、脳の中に直接肩のあたりのものが語りかけてくる。私は新宿の遊女で、寒くてたまらないから服を作って欲しいという。あなたの好きな色でいい。そして私は成仏がしたいから、手伝って欲しいと。怖いという気持ちの前に、みなみの中の、妙な欲望が、彼女をかわいそうだと、そしてとても興味があると言っていた。かわいそうだから助けてあげたいのではない。かわいそうなものへの興味、そして、持たないものへの慈悲という感情の流れへの好奇心。これがみなみを落ち着かせた。「服飾は独学だからうまくないけど」とつぶやいて、彼女の、遊女の手がここにあるだろうかというところに触れた。どんな色で作ろう。どんな素材で作ろう。
唯奈はラインで、私に好きな色を聞いた。私は、ファッションではトリコロールが好きだと話した。それも、少しグレイッシュ理解の紅・紺・白のようなパターン。お互いに帰宅した後、ラインで絵を見せてくれた唯奈に、金色も追加したらどうかと聞いた。四ツ谷図書館で借りてきた玉川の資料を読んでいた時だった。みなみは新宿に住んでいて、けれど、防音がしっかりとした部屋なので、喧騒ははるか階下に聞こえる。けれど、その分、非日常の街に息づく、確かな足音に耳をすませたいと思う。非日常が日常である人もいて、何年も昔にも、そういう人はいたのだ。そういう人について考える時、金色というのは、ほんの少し、枠線の縁取りなどに使うのがいいんじゃないかと思った。唯奈は四隅の枠線に金色を追加してくれた。

「六本木ヒルズを守る一族」inブランクラス[岸井戯曲を上演する#4]

posted in: exhibition, news | 0

タイトル:「六本木ヒルズを守る一族」inブランクラス[岸井戯曲を上演する。]

リンク:http://blanclass.com/japanese/schedule/20161217/

[kad_vimeo url=”https://vimeo.com/196592308?utm_source=email&utm_medium=vimeo-cliptranscode-201504&utm_campaign=29220″ ]camera:blanClass

六本木ヒルズを守る一族

Web archive:http://blanclass.com/japanese/archives/20161217/

2016.12.17 – 18[岸井戯曲を上演する。#4]

★Live Art 月イチシリーズ[岸井戯曲を上演する。#4]

劇作家岸井大輔の戯曲を、さまざまなジャンルのアーティストにより上演します。ひとつの戯曲を、何バージョンかで上演し、終演後それぞれの上演を行ったアーティストでトークを行います。

[六本木ヒルズを守る一族]
六本木クロッシングで橋本聡さんが企画した、六本木ヒルズの変な活用案プレゼン会のためにかかれた戯曲。日本論としてよまれることの多い戯曲ですが、岸井は裏方の話だな、と思っています。演劇にかかわるいろいろな裏方さんによる上演をお楽しみください。
バージョンA 榎本浩子(アーティスト)
バージョンB 金藤みなみ(美術家)
バージョンC 佐々木文美(舞台美術家)
バージョンD 山田カイル(ドラマトゥルク)
司会:佐藤朋子(アーティスト/Comp) マンガ:今井新(アーティスト)
トークゲスト 17日(土)綾門優季(劇作家・演出家・青年団リンク キュイ主宰)、18日(日)黒瀬陽平(美術批評/カオスラウンジ)

日程:2016年12月17日(土)18日(日)
時間:19:00~21:00(開場:18:30)
料金:予約:2,000円 当日:2,500円

〈予約方法〉ご予約は前日までにご連絡をお願いします。
〈タイトル〉[岸井戯曲を上演する。#4]予約〈本文〉1)日にち 2)氏名 3)住所 4)メールアドレス 5)参加人数
上記の内容でイベント前日までに以下のメールアドレスに送信ください。こちらからの返信を持って予約完了とさせていただきます。なお定員に達した場合などお断りすることもございますので、あらかじめご了承ください。
〈メールアドレス〉
info@blanclass.com

会場:blanClass

 

the group exhibition and London part1.

posted in: news, text | 0

I join the group exhibition Now

Good Morning.
I am early bird.

f:id:goldenmilk:20160812125819j:plain

I am join the group exhibition in TAV gallery.

Look! Mine and Ichiro Endo’s work are in the same room.
I am happy,hihi.

We will do artists talk in TAV gallery at Aug 20th.
come come!

阿佐ヶ谷のTAV GALLERYにて「現在戦争画展」に参加しています。8月20日にトークをするのでぜひ!私も話します。

tavgallery.com

 

 

そういえば、モスクワから日本に旅行に来ている4人家族にちょこっと新宿mapを書いたのですが、本当にFree Wi-fiスポット少ないですね。

電車もクレジットカード使えなかったりするし、自販機もクレジットカードつかえる?と思ったらSuicaだけだったりするし。

飛行機ついたらすぐWi-fi借りて換金をおすすめしました。

How to go to Narita

Ginza or Tokyo-Narita Bus

Discount Highway Bus operated by Keisei group : Tokyo area – Narita Airport 

900 yen.

In London

I recommend the citymapper.

This is usefull.

citymapper.com

This told us distance, direction and bus schedule.

I bought a 7 days pass of train and bus.(Zone 2)

Bus is free to use not only Zone2 but also everywhere.(Only London).

f:id:goldenmilk:20160810061655j:plain

Tate Briten to  Tate Modern.
By the ship.

f:id:goldenmilk:20160810061715j:plain

In the pub.

My friend reccomended me the ASAHI.
But I can drink it Japan too.
So I chose Giness.

f:id:goldenmilk:20160810062224j:plain

Tate Briten.

They have a performance.

f:id:goldenmilk:20160810062232j:plain

Pantly.

I went there by bus.

f:id:goldenmilk:20160810062251j:plain

f:id:goldenmilk:20160810062308j:plain

British Museum.
I think Big art work heal artist’s heart.

f:id:goldenmilk:20160810062326j:plain

The astrology shop.
My Super year is 2017.
It will be come!hihi.

f:id:goldenmilk:20160810062343j:plain

I like to use Bus.

f:id:goldenmilk:20160810062401j:plain

Victoria Coach Bus information.

f:id:goldenmilk:20160810062419j:plain

Oxford market.

kiitos~~(^-^)-☆

Minami

Shinjuku double suicide

posted in: news, performancesnap, video | 0

新芸術校の課題発表でした!

2016.7.23

テーマ:「場所」を決め、作品を作る

選んだ場所:内藤新宿付近の「もう無い川」

vimeo.com

  • 身投げした遊女(子供と呼ぶ)が投げ込まれた寺が、内藤新宿(新宿二丁目)にある成覚寺
  • 人口河川玉川上水を逆流し、骨をあるべき場所(繁華街)へと戻す
  • 人口河川をひいた理由は江戸に水を行き渡らせるため。川の行き着く先は「お上」なので、身投げした遊女は「ランクアップ」した場所に到着するはずだったのではないか
  • 愛する人を道連れにすることによってランクアップする
  • 玉川兄弟の開削が2度失敗していたことと、晴れて開削した際に玉川の姓をもらい、聖徳寺が墓所となっていること

↑作品のプレゼン

 

f:id:goldenmilk:20160724112847j:plain

f:id:goldenmilk:20160724113309j:plain

f:id:goldenmilk:20160724113517j:plain

 

【performance】POPN poison1

posted in: news, text | 0

スクリーンショット 2016-07-10 04.05.43

【performanceのお知らせ!】新芸術校に通っている同級生のアリーさん主催で、

明日、明治神宮前付近のパーキングにてパフォーマンスをします(^-^)

明治神宮前から代々木公園のほうに歩いていって
第一体育館やらフットサル場を超えたところにあるあたりです。
(渋谷のNHKのあたりにつながる大きな通路があります。)

最寄り駅:千代田線 代々木公園駅
JR 原宿駅 等
OMOHARA4.0構想という想いのようです!

個人パフォーマンスの内容は、

 

新宿のもう無い川に身投げした遊女を、ほんとうの意味で浄化させるというパフォーマンス☺️
アリーさんと弓場さんにお願いして、ダンボールで作った衣装を着てもらいますよ!(^-^)
 
写真も撮れたら撮ってきますね!
 スクリーンショット 2016-07-10 04.07.12
すました私。
そうだ、最近考えている能力についてのことなんですが、才能っていうのは一人の人に永遠に与えられるものではないんじゃないかというか、もちろん磨いていくことはできるけど、今まで当たり前にあったけど、ふと奪われるような能力もあるんじゃないかと思って。
「能」って、ある程度は一緒にいれくれるモノだとは思うんだけど、それはずっとじゃないというか、いいなと思ったバンドやあいどるさんだって、いつかは解散してしまったりするし、今いいなって思うものを応援していこう・・・。うん、才能もね、変形していくものだと思うから、自分が今いいなって思うものを心から大事にするのはいいことだと思う。
 
うん、何事もね!(^-^)
 
そんな感じです。(^-^)
Kiitos~~~

Mask#035

posted in: news, performancesnap, text | 0
#035
#035

#035 AKI

She was a minimalist blogger.

Now, she really likes cute and pop things.
This mask made by her old clothes.
That was patterned clothes.

She looked mature.
But she likes cute things.


Complex Mask
Performance,photograph/variable size

The “Masks”, to protect from germs and to hide the appearance. This is a photographic work that was made in collaboration with the model that has continued from 2009.
I hear “What you hate in your face?” “How do you want to become?” to the model and I create a mask while listening to their favorite color and material.
And it is not a Selfie,however a SELFIED.
I am interested on how to create a better public image by publishing a Selfie Photos.
Also,I would like to know what do you think the most important point of taking Selfie.

コンプレックスマスク
パフォーマンスフォト/サイズ可変

「マスク」は、外見を隠す面とバイキンから守る面を持っています。 これは、2009年から続けているモデルと共同で作ったパフォーマンス写真です。
モデルから「自分の顔の好きなところと嫌いなところ」を聞き、好きな色や素材を聞きながら 「不器用な自分をデコる様に」マスクを作成します。
人はどのようにパブリックイメージを自画撮りによって作り上げるのでしょうか。
私は良い自画像のイメージがどのようにして創られるかを「コンプレックス」によって知りたいのです。

Painting|Tamanoi-cafe

posted in: news, text | 0

f:id:goldenmilk:20160609230550j:plain

Today, I paited the wall of the cafe.

At Tamanoi-cafe.(Higashi-Mukojima near Sumida.)

This noon, I also went to my friend’s alternative space in Kojima(near Sumida SKY-tree).

They are now under construction.

f:id:goldenmilk:20160609232007j:plain

f:id:goldenmilk:20160609232052j:plain

Good BAR counter.
I want to drink there!!

f:id:goldenmilk:20160609231449j:plain

dumpling wrappers pizza🍕!!!

My sweet Garden’s basil.

f:id:goldenmilk:20160609232145j:plain

My friend gave me this.
Cute.

Good night, have a sweet dream.

Minami

The joy of living with one less thing

posted in: news, text | 0

20160203160659[The joy of living with one less thing]
During the process of moving, I decided to try living without buying a refrigerator and really enjoyed “living with one less thing”.

Rather than living with an extremely small number of possessions, I felt joy in the fact that maybe I could make do with just one less thing.

There was a simple satisfaction in changing a little of my life at a time, as opposed to a large, sudden change.

It doesn’t have to be an item as big as a refrigerator. For example, you can start out with just one less towel.

In a week I don’t think there will be that big of an effect, but day by day, I feel this will gradually influence how you see the world.

【ひとつなくても生きていけることの喜び】
私は引越しの過程で、冷蔵庫を買わずに暮らすということをやってみて、
「無くても生きていける」ということが嬉しかった。

ものすごく少ない量で生きていることよりも、
「ひとつ」なくてもいいかもしれない、ということに気づく喜び。

 ガラリと変えることではないけど、「少し」変えることの地味な達成感。
 

冷蔵庫ほど大きいものじゃなくても、例えばタオルを一枚減らすとか。

一週間くらいではそんなに影響を与えないけど、日々、じわじわと自分の価値観に影響を与えていく感じがします。

2016, KINTO Minami

映像上映会「あ・る・く」[ 4/4 (sat) – 4/5 (sun) ]

posted in: exhibition, news | 0

名称未設定-4

【 開催概要 】

名称 : 金藤みなみ映像作品上映会「あ・る・く」

会期 : 2015年4月4日 (土) – 4月5日 (日)

会場 : TAV GALLERY (東京都杉並区阿佐谷北1-31-2) [03-3330-6881]

時間 : 11:00 – 20:00

入場料 : 500円 (バッチ付き。バッチを見せると再入場無料)

名称未設定-44月4日 (土) 18:00 – 19:00 金藤みなみ × 会田誠 対談
名称未設定-44月5日 (日) 19:30 – 20:30 金藤みなみ × Yotta (ヨタ) × 久松知子 座談会

岡本太郎賞展示

posted in: news | 0

▶第18回岡本太郎現代芸術賞展

会期:2015年2月3日~4月12日(月曜及び2月12日休館)
場所:〒214-0032 川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL 044-900-9898 FAX 044-900-9966
料金:600円
【向ヶ丘遊園駅 から 徒歩15分】

◆ギャラリートーク
出品作家によるギャラリートークに出演します。
時間:14:00~15:00
場所:企画展示室
料金:無料(観覧料が必要です)
☆2月15日(日) 足立篤史、佐野友紀、林楷人、山崎広樹、村井祐希、金藤みなみ

◆金藤みなみパフォーマンス──口にできないことと口に突き刺すこと
「ナードはいつでも トラブルに巻き込まれる。彼らが不適切な発言をするたび、「他者の苦痛へのまなざし」を持つ自分自身の気持ち悪さが私を突き刺す。それは憐憫みたいな感じだ。ヘイトスピーチを扱うのではなく、大量のヘイトを前に「口にできない」わたし自身を扱いたいのだ。それは同情だろうか。せめてsympathyでありたい」
2月8日、15日
3月15日、29日
4月2日、9日
各日 14:00~16:30