pilgrimage

パフォーマンス みなみと遊女の本当の浄土 聖地巡礼ツアー

Post festum, 新宿 Website

Exhibition View










All Photo by Araigosaro

Statement

I am studying prostitutes in the 1800s in Japan.
And made the performance about it.
This theme is going back to real pure land.

・Probably, In the root of a prostitute has a perverted feeling that “It can not be beautiful if it does not get dirty?”
・My work and love to think into the poor prince ‘s spirit.
・The reason for having a river is to spread water to Edo. To “reversely flow” the river in a video gimmick means that the prostitute who lost herself was released from slavery to Edo and headed for Pure Land in a new sense.

新宿にはもうない川がある。

冬、みなみは新宿の寺で不思議な紐を発見する。その紐に近づくと、足のない骸骨が現れて、川に身投げした「こども(遊女)」だと言う。「こども」の浄土のため、みなみは「こども」たちをおぶって住職さんや大家さんに話を聞きながら新宿を歩き、本当の浄土探しに奮闘する。

以下は、制作中に思案していたこと。

  • 遊女の根底には「汚れないと美しくなれない」という倒錯した思いがあるのではないか。
  • かわいそうな遊女の霊に思い入れる私の業と愛。
  • 人口河川をひいた理由は江戸に水を行き渡らせる為。その川を、映像ギミック的に「逆流」するということは、身投げした遊女が、江戸への隷属から解放され、新たなる意味で浄土へと向かうということ。

金藤みなみ

CREDIT

Performance

2017, performance(90:00min),costume/fablic,bell,wire and string,novel and illustration embroidery by Kinto Minami

Novel binding by Kazuyuki Yamamoto

Photo by Araigosaro

Video

Video installation,performance,voice by Kinto Minami

sound and video adviser by Yamagata Issei

camera by Tomotoshi

crew Ogaya Kaai and more.

INFO

3.March 2017 〜 3月5日(日)

ツアー

主催  まつりのあとに実行委員会

ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校 上級コースの、成果展示の連動企画展示です。

official website http://www.maturinoatoni.jp/03_sugamo_shin.html

archive website http://kintominami.com/works/pilgrimage.html

review by Kobayashi Taiyo 『「逆再生」の中に現れる身体』-「みなみと遊女の本当の浄土」レビュー|小林太陽|note(ノート) https://note.mu/yan_a_gawa/n/nf94ff25817e4

review by Taku Suzuki 「異界再生装置、金藤みなみ、浄土」https://www.facebook.com/taku.suzuki.92/posts/1158036940984797

portfolio page 2017年ポートフォリオ内「みなみと遊女の本当の浄土」ページ

mask mother

posted in: artwork, event | 0

シブカルスター誕生祭。~女子が願えば世界が誘う!?~ @パルコミュージアム

作品名
Mask #028 -お母さん、どうして私のビデオに参加するのを嫌がるの?
日時
10/19(月)
場所
パルコミュージアム(渋谷パルコPART1・3F)

シブカルLAB@パルコミュージアムの10/19(月)19:00からは若手アーティスト公開プレゼン& ゲスト審査員による講評会。既存のジャンルの枠に収まりきらない新たな表現がここから飛び立つ!

日時:10/19(月)19:00〜21:00

場所:パルコミュージアム(渋谷パルコPART1・3F)

参加費: 無料

web: http://shibukaru.com/web2015/event/1769/

 

event

posted in: event | 0

「『美術手帖』が知らない真実のニューカマー・アーティスト」

Continued

カンファレンス3

posted in: artwork, event, text | 0

バックナンバー

artc_bnr_1.05

カンファレンス進行内容についてです。
《導入》
共同体と「異」なるものとしてのアート
・異なる共同体とどのように制作や発表などの物事を進めていくか
・異なるものの人権を守り、新しい価値観を更新していくためには、どのような場が必要か

Continued