plamonster

プラモンスター 2015
Plamonster
音声含むヴィデオインスタレーション
大量の情報は大きなモンスターとなる。デモを石碑化する。
CREDIT
– Videoplay writing, video installation and sound by Kinto Minami
technical design by Ohgushi Ryo
INFO
2015年2月3日〜 4月12日
岡本太郎美術館[神奈川]第18回岡本太郎現代芸術賞展 にて展示した作品です。
website: http://www.taromuseum.jp/taroaward/taroaward.html

第12回グラフィック「1_WALL」展関連イベント ポートフォリオレビュー

2015/3/25(水)19:10~21:00

会場:ガーディアン・ガーデン
レビュアー:秋山花(イラストレーター)、高田唯(グラフィックデザイナー/アートディレクター)

 

各界で活躍中の方々をレビュアーにお迎えし、ポートフォリオレビューを開催します。参加者以外の方もその様子を見学できるオープンな場です。ポートフォリオレビュー参加者は約10名です。事前に募集し、事務局にて選考させていただきます。参加者とレビュアーは一対一で作品を見ていただきます。レビューの時間は一人10分。参加する人もしない人もぜひポートフォリオレビューを体験してみてください。新しい発見や交流が生まれるきっかけになるかもしれません。

映像上映会「あ・る・く」[ 4/4 (sat) – 4/5 (sun) ]

名称未設定-4

【 開催概要 】

名称 : 金藤みなみ映像作品上映会「あ・る・く」

会期 : 2015年4月4日 (土) – 4月5日 (日)

会場 : TAV GALLERY (東京都杉並区阿佐谷北1-31-2) [03-3330-6881]

時間 : 11:00 – 20:00

入場料 : 500円 (バッチ付き。バッチを見せると再入場無料)

名称未設定-44月4日 (土) 18:00 – 19:00 金藤みなみ × 会田誠 対談
名称未設定-44月5日 (日) 19:30 – 20:30 金藤みなみ × Yotta (ヨタ) × 久松知子 座談会

姉妹山

sistercorns_raf0

GEISAI 2011
パフォーマンス

山の形を持ち、異質さを放つパフォーマンス。
自然と都市、有機的な動きと制御しきれない歩行の境界を行く。

カンファレンス

渋家でたくさん行われる小さい会議から全体会議までに影響を受け、スタートしました。
今聞きたい「会議」をとことん聞くことができる民家のイベントです。

▶バックナンバー
#03 「アートと移民とそのからだ」

スクリーンショット 2016-04-02 00.26.52
#02 「表現の自由と権力、その付き合い方」
tumblr_inline_ng9k3j72n71r4s3ap

#01  「今、私たちを収蔵できますか?」
kinmi_bnr

⁻⁻⁻

イベント: 渋家脱出ゲーム「風林会館の亡霊 ~叶えたい最後のカンパイ~」
渋家脱出ゲーム 12月22日 新宿風林会館にて開催!!

イベント: 渋家ホームパーティーアナログゲーム祭
名称未設定-1.2

岡本太郎賞展示

▶第18回岡本太郎現代芸術賞展

会期:2015年2月3日~4月12日(月曜及び2月12日休館)
場所:〒214-0032 川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL 044-900-9898 FAX 044-900-9966
料金:600円
【向ヶ丘遊園駅 から 徒歩15分】

◆ギャラリートーク
出品作家によるギャラリートークに出演します。
時間:14:00~15:00
場所:企画展示室
料金:無料(観覧料が必要です)
☆2月15日(日) 足立篤史、佐野友紀、林楷人、山崎広樹、村井祐希、金藤みなみ

◆金藤みなみパフォーマンス──口にできないことと口に突き刺すこと
「ナードはいつでも トラブルに巻き込まれる。彼らが不適切な発言をするたび、「他者の苦痛へのまなざし」を持つ自分自身の気持ち悪さが私を突き刺す。それは憐憫みたいな感じだ。ヘイトスピーチを扱うのではなく、大量のヘイトを前に「口にできない」わたし自身を扱いたいのだ。それは同情だろうか。せめてsympathyでありたい」
2月8日、15日
3月15日、29日
4月2日、9日
各日 14:00~16:30

Mask♯13 Metamorphose Minami Kinto

Model:Fu-yu,zaqi
Artist:Minami Kinto

 

Selfied supplication
Performance,photograph/variable size

The “Masks”, to protect from germs and to hide the appearance. This is a photographic work that was made in collaboration with the model that has continued from 2009.
I hear “What you hate in your face?” “How do you want to become?” to the model and I create a mask while listening to their favorite color and material.
And it is not a Selfie,however a SELFIED.
I am interested on how to create a better public image by publishing a Selfie Photos.
Also,I would like to know what do you think the most important point of taking Selfie.

ジドラレマスク
パフォーマンスフォト/サイズ可変

「マスク」は、外見を隠す面とバイキンから守る面を持っています。 これは、2009年から続けているモデルと共同で作ったパフォーマンス写真です。
モデルから「自分の顔の好きなところと嫌いなところ」を聞き、好きな色や素材を聞きながら 「偏見的なジドリのイメージを恣意的に編集して」マスクを作成します。
人はどのようにパブリックイメージをジドリによって作り上げるのでしょうか。
私は良いポートレートのイメージがどのようにして創られるかを「ジドラレ」によって知りたいのです。

Don’ t panic! ~英語で日本の原発についてを話す時に~

開講!渋家夜間学校

– まだ、目に見えぬ、文字化する以前のカルチャーの理解と体得を試みる

【英語】

Don’t Panic!

~英語で日本の原発についてを話す時に~」

時間: [12月21日 (日)] 19:00~ 会場 : namGallery (東京都世田谷区大原1-56-6)

 

Broadcast live streaming video on Ustream

料金 : 1.000 円 (鍋付き) / 19 日 (金) のみ1.000 円 (鍋付き) + 1オーダードリンク
生徒代表:小口 奈緒美
☆使用テキスト

渋家アートカンファレンス Vol.2

▶先日、こんなカンファレンスを行わせていただきました。

渋家アートカンファレンス Vol.2
Mix well with art and power– 表現の自由と権力、その付き合い方 –

ゲスト:川田淳 (アーティスト) / 塚田有那 (編集者) / 林道郎 (美術評論家) / 藤森純 (弁護士)
進行:金藤みなみ、稲葉あみ

Mask #013

Complex Mask
Performance,photograph/variable size

The “Masks”, to protect from germs and to hide the appearance. This is a photographic work that was made in collaboration with the model that has continued from 2009.
I hear “What you hate in your face?” “How do you want to become?” to the model and I create a mask while listening to their favorite color and material.
And it is not a Selfie,however a SELFIED.
I am interested on how to create a better public image by publishing a Selfie Photos.
Also,I would like to know what do you think the most important point of taking Selfie.

コンプレックスマスク
パフォーマンスフォト/サイズ可変

「マスク」は、外見を隠す面とバイキンから守る面を持っています。 これは、2009年から続けているモデルと共同で作ったパフォーマンス写真です。
モデルから「自分の顔の好きなところと嫌いなところ」を聞き、好きな色や素材を聞きながら 「不器用な自分をデコる様に」マスクを作成します。
人はどのようにパブリックイメージを自画撮りによって作り上げるのでしょうか。
私は良い自画像のイメージがどのようにして創られるかを「コンプレックス」によって知りたいのです。

 

 

Mask#013

[kad_vimeo url=”https://vimeo.com/112269665″ ]

 

tumblr_nfegplowfs1r8wcs1o1_500tumblr_nfegplowfs1r8wcs1o2_500SONY DSCSONY DSCSONY DSC

メタモルフォーゼ、という名のマスクをつくりました。

model:Fu-Yu
special thanks model:zaqi
2014

masks #012

Selfied masks
Performance,photograph/variable size

The “Masks”, to protect from germs and to hide the appearance. This is a photographic work that was made ​​in collaboration with the model that has continued from 2009.
I hear “What you hate in your face?” “How do you want to become?” to the model and I create a mask while listening to their favorite color and material.
And it is not a Selfie,however a SELFIED.
I am interested on how to create a better public image by publishing a Selfie Photos.
Also,I would like to know what do you think the most important point of taking Selfie.

ジドラレマスク
パフォーマンスフォト/サイズ可変

「マスク」は、外見を隠す面とバイキンから守る面を持っています。 これは、2009年から続けているモデルと共同で作ったパフォーマンス写真です。
モデルから「自分の顔の好きなところと嫌いなところ」を聞き、好きな色や素材を聞きながら 「偏見的なジドリのイメージを恣意的に編集して」マスクを作成します。
人はどのようにパブリックイメージをジドリによって作り上げるのでしょうか。
私は良いポートレートのイメージがどのようにして創られるかを「ジドラレ」によって知りたいのです。

Attention
Call for the model who want to join it.
It costs ¥5,000/2h

If you want to join,Please send me a massage from my Contact form.
〈Title〉
Masks
〈Text〉
(1)Your name
(2)mail address
(3)The day which you want(3 days)

募集
マスクプロジェクトモデルを募集しております。
2時間5000円でのご提供です。

コンタクトフォームに以下をご記入ください。

<タイトル>
マスク予約
<本文>
(1)氏名:◯◯◯◯
(2)メールアドレス:◯◯◯◯@◯◯.◯
(3)参加人数:◯人
   (4)ご希望の第一希望日、第二希望日、第三希望日(必ず3日以上お書きください。)

===

 

■その他 Twitter @goldenmilk —

mask♯11

100人マスク村
Performance,photograph/variable size

The “Masks”, to protect from germs and to hide the appearance. This is a photographic work that was made in collaboration with the model that has continued from 2009.
I hear “What you hate in your face?” “How do you want to become?” to the model and I create a mask while listening to their favorite color and material.
I am interested on how to create a better public image by publishing a Mask Photos.
Also,I would like to know what do you think the most important point of taking Selfie.

100 masks villege
パフォーマンスフォト/サイズ可変

「マスク」は、外見を隠す面とバイキンから守る面を持っています。 これは、2009年から続けているモデルと共同で作ったパフォーマンス写真です。
モデルから「自分の顔のどんなところが嫌いか」「どうなりたいか」を聞き、好きな色や素材を聞きながらマスクを作成します。
人はどのようにパブリックイメージをマスクによって作り上げるのでしょうか。
私は人々がジドリをするにあたってどのようなポイントを重視するかを知りたいのです

【news】反戦――来るべき戦争に抗うために」展

反戦展裏

http://stsuchiya.exblog.jp/21007665/
引用

 

「反戦――来るべき戦争に抗うために」展
会期:2014年9月25日(木)~9月29日(月)
会場:SNOW Contemporary(XYZ Collective)
参加者:
合田祥之
青山悟
浅見貴子
飯沼英樹
池田剛介
石川竜之介
磯野麻夕子
出津京子
伊藤敦
居原田遥
内海聖史
内山依津花
梅津庸一
荻野僚介
海津研
利部志穂
嘉手苅志朗
木村奈緒
金藤みなみ
窪田研二
黒坂麻衣
小池一子
浦田健二
酒井貴史
阪田清子
櫻川豊敏
佐々木健
佐々木優
佐々木友輔
工藤春香
佐藤純也
志水佑
Sin_g
super-KIKI
鈴木純平
鈴木一琥
snAwk
五月女哲平
高橋耕平
高橋瑞木
武谷大介
立花文穂
田中功起
辻野絵美利
土屋誠一
豊嶋康子
中山二郎
西尾祐馬
西尾美也
福永大輔
BO-JW
前野智彦
マエノマサキ
眞島竜男
マダムかよこ
水谷一
三田健志
ミヤギフトシ
ムカイヤマ達也
柳井信乃
山際妙
山極満博
吉田和貴
与那覇大智
リュ・スンウォン

 

グッズがはじまりました

グッズがはじまりました
【news】my artist goods on sale:)

☆Badge
25mm缶バッジ ×2
台紙付OPP包装
1つ540円(税込)

上)あけら、大岡川へ
Achela go to Ooka-river
協力:mujikobo,水辺荘

下)あけら、廃線へ

Achela.To discontinued line
協力:ゼロダテアートセンター

台紙はあけらのもりをイメージしており、
金藤みなみの深みのある世界観を表現しています。

製品はJIS-Z1535:1994-4の試験に合格した気化型含浸防錆剤を使用し金属製パーツに防錆効果の高い皮膜を形成しています。
安全ピンとは違い、缶バッジの内部でZ形に曲がっています。 負荷が加わった時に壊れにくく、上手く分散される様に設計されております。
大型電動加工機の金型をミクロン単位で調整を行い円周の全ての位置に同じ圧力をかけることにより側面部分も滑らかで美しい缶バッジを実現しています。(セカンドプレスウェブサイトより)

SONY DSC

お取り扱い
a store dealing in …


黄金町ブックバザール

Koganecho Artbook Bazaar
〒231-0066
横浜市中区日ノ出町2-145番地先 日ノ出スタジオⅢ棟 Click link and will open the Map

TEL:045-231-9559
営業時間:11:00 – 19:00
月定休(月祝日の場合、翌日休み)

 

ご担当:小畑様 Mr.Obata
artbookB02
SONY DSC
ポップもつけてくださるそうでございます!

五反田アートブックバザールと黄金町エリアマネジメントセンターが共同で運営する美術書を専門とする古本屋さんです。

*五反田アートブックバザールとは
2008年秋に誕生した古本一。アート、デザイン、建築、工芸、ファッション、写真集、展覧会図録、絵本、ポスター、ポストカードなど幅広い意味でのアート・美術をテーマにした商品を目録と会場で販売しています

黄金町エリアマネジメントセンターウェブサイトより

mask ♯010

マスク 2009 – now on going

Masks

パフォーマンス、フォト サイズ可変 performance,photograph/variable size 

「マスク」は、外見を隠す面とバイキンから守る面を持っています。 これは、2009年から続けているモデルと共同で作った写真作品です。

モデルから「自分の顔の好きなところと嫌いなところ」を聞き、好きな色や素材を聞きながら 「思い込みのイメージを反転させるように」マスクを作成します。

また、モデル様を募集しております。 現在(2014年8月1日時点)はモデル様に費用をご負担頂いています。 2時間5000円でのご提供です。 どうぞご利用くださいませ。 kintominami☆gmail.com 以下を明記してお送りください。
===
<メールのタイトル>
マスク予約
<メールの本文>
(1)氏名:◯◯◯◯
(2)メールアドレス:◯◯◯◯@◯◯.◯
(3)参加人数:◯人 (4)ご希望の第一希望日、第二希望日、代さん希望日(必ず3日以上お書きください。)
=== ■その他 Twitter @goldenmilk

大舘

リンクはこちら

大舘市立第一中学校にて
パフォーマンスについて講演させていただきました。

お手紙もいただき、大変励みにさせていただいております!

 

河原温の死を信じてみる

金藤みなみアートナビ
「河原温の死を信じてみる」

物騒なタイトルですみません。

昨日2014年6月29日にWikipediaでアーティストの河原温さんの死んだ日が記されました。1914年っていうおかしな日ですが、6月29日が死の日付なわけで、ちょっとほんとかな(2014のまちがいなのかな?)って思っちゃいました。

せっかくなので、河原さんの作品を紹介してみます。

河原温さん(以下敬称略)は愛知県刈谷市出身のアーティストですね。

刈谷市(かりやし)は、愛知県のほぼ中央の西三河地区の西端に位置する。境川を挟んで尾張地区に対する。江戸時代には土井氏二万三千石の城下町であった。現在はトヨタグループ主要企業の本社・工場が集まる日本有数の自動車工業都市である。

私、愛知というと小学校の頃に社会の時間にやった
「車の中京工業地帯」太平洋ベルトというのを思い出します。

少しだけ前、(いまも?)、日本は車の発展が目覚しい、かるくてすいすい、便利な車はシンボルでした

こういうものを発展させるには、
やはり具体的、
ミスがあったらその管理体制を考え直し、
あしたにむけて一歩一歩着実にイシバシを叩きながら
考えていくわけです。

そんなお国柄なわけなのかどうなのか、
照らしてみると、

彼は
「社会」というものを
扱う
日々学習と反省を繰り返し、自身をひとかどのものとして積み上げて、先の失敗とかケアレスミスとかを省いて、塔をたてる
(でもブランド化じゃない、)

って感じです。
見てみましょう。

《新聞と自画像 2009年》2009 山口県立美術館での展示風景
(※1)
(※2)
(※3)http://tokyo75.exblog.jp/5573817

こういうのがね、
美術館にばーっと
ストイックにあるわけです。

1個目のやつは毎日自撮りして、自撮りをもとに自画像を鉛筆で書いてます。

2個目のは、毎日今日の日付を描きます、筆で。

ちょっと、
怖いでしょ。
で、たんたんとしてます。

他にも起きた時間を描いてはがきでひとに送るのとか、生きてるよ~って電報するやつとかあります。

(起きた時間をツイートするひととか、最近見ますね)

これ、Todayシリーズは、
制作日のうちにはじめて、日付が変わるまでにつくらなくちゃいけなくて、できあがらなかったら破棄するらしいです。

ストイックすぎますね。

積み上げてるのに、
増殖してる感じとかはしないです。

確かめてる感じ。

どっかわからないとこに
ぴょーんて飛び跳ねる感じじゃなくて、

土台を固めてたんたんしてくんです。
日付が書いてあるもの、「日付絵画」って呼ばれてます。(通称)

文字と数字、そして二色の色彩だけで構成された、ほかならぬその抽象性ってことで評価されてます。

非常に積み上げるひとです。

例えば有名な話で、

お嬢さんが結婚式をあげるとき、
温さんは断りました。

「なんで?」
聞いたならば、

「毎日描かなければ意味がない作品があるから」

と。

作者がね、作品を素朴にできるなら正確に語ろうとする時は、言葉と作品がいい関係な場合が多いです。Robert Rymanみたいに。

さっき社会と言いましたが、
裏返せば「会社」です

今は和製ジョブズを探している時代だそうなので
毎日きっちり働くイメージはないですが、
私が子供の頃ブリヂ○○○の工場の近くにすんでいたとき、
車の会社のおとうさんたちは
毎日きっちり働いて、
きちっと定時を心がけていました。
(で、私の働いてた寿司屋にビール飲みに来てた󾦃)

こんなに日付にこだわる人の、死の日付がWikipediaという、Googleで検索したらまっさきに出てきちゃうページに、誰がやったかわからないけど書かれちゃうって、ちょっと意味合い感じます。
あんまりミステリー感はないんですが。

この、会社(くるまの)っぽい感じと

で、裏側というか、
ちょっとありのままがでてるんじゃないかなって
作品は、これ。


怖いですね。

浴室シリーズです。

結構悟ってアセンションして
次のステージへ(でもやや怖がってる)みたいなとこがあります。

Wikipedia、なんだったんでしょう。
そして、ウィキ信じるなよとも言われましたが、
日付を…というところをおもしろいなと思った思考の流れを書けたかなとも思うので、続報を待ちましょう。

簡単に書き換えられるものを信じるなというなら、
彼がたんたんと描き続けてきた作品が
人生の年表と呼応していて、
それがさらっと書き換えられちゃう、
作品が
期日に間に合わなければストイックに捨てちゃう、
これらが、
何かつながっているように感じませんか?

では、

また何処かでお会いしませう。

Copyright 2014 金藤みなみ

引用
※1
http://www.yebizo.com/jp/forum/essay/fukuzumi/essay1.html

※2
http://26.media.tumblr.com/NkCcllECjqtksjmqjZn1Z9neo1_500.jpg

Scroll to top